Connecting...

JACアウトソーシング

image.png

JAC Group

1975年に英国に居住する日本人を支援することを目的としてロンドンで設立されたのがJAC(Japan Agency & Consultancy)のはじまりです。現在では世界11カ国に拠点を構え、人材紹介事業および人材関連事業をグローバルに展開する企業として成長・拡大を続けています。

インドネシアにおけるビジネスをワンストップで支援

インドネシアでの会社設立/駐在事務所開設にともなう許認可手続きなどを支援するJACコンサルティング、現地のバックオフィス業務などを請け負うJACアウトソーシングに加え、現地で必要な人材を紹介するJACリクルートメントを展開しています。

JACアウトソーシング

JAC Outsourcingは、インドネシアに現地法人を置く企業向けにバックオフィス業務を代行するアウトソーシングサービスです。

バックオフィス業務と並行して、ビジネス面にまで踏み込んだコンサルティングサービスも提供しており、売上向上やコストダウンに向けた提案や、新規ビジネスアイデアに対するアドバイス、現地で起きやすいトラブルを未然に防ぐ対策のご提案など、付加価値の高いサポートを提供しています。

また、現地法人や駐在員事務所を開設する前段階で、現地スタッフを専任スタッフとして利用することが可能となる雇用代行サービス(Employer of Record)サービスも、ご好評を頂いております。雇用代行サービスを利用することで、日本など国外からインドネシア市場の調査や現地法人設立に向けた準備活動が可能となります。


JAC